iPhone6を購入して、しばらく画面をそのまま使っていましたが、やはりキズや汚れが気になるので、フィルムを購入しました。 



パワーサポートの「AFP Crystal film set」です。ガラスのフィルムのほうが本当はいいのですが、幅が足りないものばかりで嫌だったので待っていましたが、今回のiPhone6、iPhone6 Plusは側面が丸くなるように加工されているため、その丸みに沿って加工しなければならないそうで、そのようなガラスフィルムが出てくるのはまだかかるだろう、そして値段も張るだろう、ということで、毎度安心を提供してくれていたパワーサポート製のフィルムが発売されたのことで、購入してみました。



発売されたのは、表面がつるつるのグレアタイプと、表面がさらさらだけど見た目が少し白味かかってしまうアンチグレアタイプが発売されました。私はクッキリした画面が良いので、グレアタイプを購入しました。



内容物は、フィルム本体2枚、ダストリムーバー1枚、マイクロファイバークロス1枚と説明書です。


まずは本体の汚れをクロスで拭きとって、ダストリムーバーと言われる張り付く力が少ない養生テープのようなものを付着しているホコリやゴミをくっつけて剥がします。それで一番キレイな状態の瞬間を見計らって、フィルムを貼り付けます。バンソウコウのような感じの作りなので、他のフィルムよりもとても貼りやすくて、オススメです。



これが貼り付けた所です。このフィルムも側面の丸みに対応はできておらず、両端が1ミリ程度足りないのが気になりますが、Appleの仕様ガイドラインに則って作られているようなので、仕方ないのかもしれません。



触り心地はつるつるで、見た感じもキレイです。ちなみにこの緑色のケースは、Apple純正のシリコンケースです。シリコンと言えど、一般的なシリコンのブヨブヨしたタイプとは違い、内側は固い加工がされていて、表面はマットなシリコンが貼ってあって、手から滑るという事故は起きそうにない位安定してくれます。側面も堅く守られていて、画面と側面も2ミリ程度は出っ張っていますので、安心ですね。出っ張っている部分もしっかりシリコンなので触り心地も良いです。



背面です。カメラ部分の出っ張り問題も気にならなくなりました。大きさもそんなに分厚くはならないので、Goodです。ボタン部分の押しごたえもバッチリです。


 



フィルムの件は、Appleのガイドラインに沿った作りのものだと、どうしてもサイズが足りないので、独自で研究して発売されるのを待つまではツナギという気持ちで一枚買っておくといいかと思います。私もガラスフィルムで対応商品が出れば、即買い換えようと思っています。



(左iPhone6用・右iPhone6 Plus用)