さて2021年9月15日を迎え、Appleの秋の発表シーズンがついに開幕しましたね!!😆

前回の記事にも書きましたが、今年のAppleは発売すると噂されている製品がかなりたくさんありました。今回はそんな中でも一番の目玉と思われているiPhone13/13 mini/13 Pro/ 13Pro Maxに加え、無印iPad、そして待望のiPad miniの新型が発表されましたね!!

ここでは、私しゃけごんが2021年秋の第一弾Apple Eventで発表された製品で気になったアイテムをピックアップして深掘りしていきたいと思います!🥳

iPhoneはほぼリーク通り凄かった!

そして、iPhoneについては事前にリークのあった仕様には大きく変わらずでしたが、その新しいiPhone全てにセンサーシフト式光学レンズが搭載されたのはとても喜ばしい事だなと思いました!手ブレが少なくなるのは正義ですよね!!

目玉としてはシネマティックな動画が撮れるというモードの追加があったり、機械学習との合わせ技ですごい画質が撮れるような方法がフューチャーされていましたね。

Proにはマクロ撮影機能も付き、約2cmの距離まで物体に寄って撮影できるのは新たな可能性を秘めていると思います。光学望遠ズームは3倍にまでなりました。

さらにProには描画120Hzに対応したのですがさらにスゴい機能が付き、作業に対して逐一描画速度を変えるといった手法が取られており、写真Appをページ送りするスワイプの動きをした場合などに指でスワイプの速度で速ければ120Hz、ゆっくりならば30Hz、止まっていれば10Hzなど描画速度をiPhone側で調整する事で電池を使う量を減らすといった機能がとても面白いと思いました。

一方で本体の見た目や素材のアップデートはみられませんでしたが、ノッチの幅が小さくなったけど厚みが増した事や重さが若干増えている事が少しネックな部分として感じました。iPhone13 Proは200gを超えてしまったので結構ズッシリくるんじゃないかなと思います。

今どき望まれる機能であるTouch IDの姿は無く、FaceIDの続投や5Gは日本ではミリ派には対応せず、このままSub派に留まる事などはネガティブなポイントとして挙げられます。

iPhone13シリーズではminiにもセンサーシフトが搭載されているのでminiが意外といいんじゃないかと個人的には思います。Proのような撮影までできないとしても、120g程度と軽いながらA15搭載、2眼カメラ搭載、電池持ちはiPhone 12 miniより1.5h延びたとの事で普段使いに強いというのが良い所かなと思います。

特にiPhone Xs Maxで重さに嫌気が差し、iPhone 12 Proでもまだ重くてiPhone SE2でこれだ!ってなっちゃったからなのかもしれませんが、動画・カメラを超絶綺麗に撮りたい!とならない限りは小さいのが正義かと思ったそんなiPhoneの発表会でした。

実は本命はiPad mini6だった!?

私が発表でいちばん欲しくなっちゃったのがiPad mini 6でした!

iPadの良さは学習や仕事にも向いている

私もはiPad無印→iPad mini → iPad mini Retina→iPad 3→iPad Pro 10.5 1st → iPad Pro 2nd 11.0 → iPad Pro 4th 12.9と所持して行き、一番小さなminiから一番大きな12.9インチまですべてのサイズを体験して、結果思ったのはどっしり腰を据えて仕事するにはiPad12.9インチが良く、出先での移動時間の利用やカフェなどでちょっとした頭の整理やアイデアのメモに使うのはiPad miniが優れているなと言うことです。

12.9インチは画面が広くなった事もありWeb制作の仕事に存分に発揮されており、Webサイトを実際にデザインする前のレイアウトであったり、線画の段階で遷移や動きを画面いっぱい使って描いていき整理し、見通しを良くするような作業にも大変向いており、かんたんにオブジェクトの複製や削除、アンドゥやリドゥも行えるため、集中を切らす事なく制作に没頭できるのはとてもありがたいなと思って使っています。

学生時代に板書やノートを作り上げて自分用の参考書を作るようなこともやってきましたが、ペンで文字に起こす、簡単な図形やイラストを用いて目で確認するという作業視覚優位の私としては理解力を高めてくれる効果があると個人的には思っていますので、Web制作の仕事なんかでも結構こういった形でノートを作って自分がするべきことを整理することに一役買っています。

大きなiPadの魅力もありますが、実は一番小さなモデルであるiPad mini Retinaは一番長く使ったモデルでこのモデルの特筆する部分は「機動性」これに尽きます。

どこにでも気軽に持っていく事ができ、パッと使えてパッとしまえる。軽いのにiPhoneより大きく使える事に愛着を感じずにはいられなかったベスト端末でした。

その後、スペックの高い9.7インチ以上のモデルをメインに使い始めるのですが、手軽に持ち運ぶという感じではなく、カバンを大きいめのものを選んで、わざわざ持っていく感じになりました。使わない時は重くて後悔することなんかも少なくありませんでした。

そんな私のiPadの使用方法で、iPad miniは仕事にも楽しみにも一役買ってくれる端末として必要条件の揃ったアップデートとなってこれは興奮せざるを得ないですね!

待ち焦がれた最強のiPad miniを見て行きましょう!前振り長すぎてすみません!!だって、好きなんだもん。

スペックがまず「最強」

iPad mini6は8.3インチとなり、以前のiPad mini5は7.9インチだったのでこれまた新しいサイズとなっています。これはホームボタンを排除し、フルラミネーションディスプレイとなった為で、現行のiPad ProやiPad Airと同じような見た目になったので、筐体サイズは高さを少し小さくしながら画面サイズを上げる事ができたようです!

チップにはA15 Bionicを搭載しており、これもiPhone13と同様のチップを使用しているので2021年9月時点での最高のチップを搭載してますね!

CPUは6コアで、GPUは5コアとiPhone 13 Proと同等のGPUコアなのでGPUを使うレンダリングツールやゲーム等にもiPhone13よりは強いといった印象です。そして確定情報ではないですがメモリは4GBとこちらはiPhone13と同じとなっています。iPhone13 Proは6GBとの事で少しずつ差別化が図られているのかな、と印象ですね。リーク情報をもとにしていますので、また確定したら内容を書きたそうと思います。

カメラはインカメラは充実!

カメラはフロント・インカメラ共に12MPとなりリアにはフラッシュも付きました。リアカメラは広角カメラとなっており、動画では4K60fpsにも対応しています。地味に良いアップデートですね!!

インカメラは超広角レンズとなり、センターフレームも搭載です。センターフレームとはあらかじめ大きな画角で録画しておいて顔や体にズームした状態で流しておきます。そして体や顔が動くとその画角にズームアウトしてあたかも動いているのを追従するような動きをしてくれる、といった機能ですね。1つの端末で多人数でZoomや FaceTimeをする際や、一人でも動きのある動画を撮りたい場合には重宝しそうな機能ですね。

待っていたTouchID搭載!

そして、電源ボタンにTouchID搭載です!これは今の時代とてもありがたい機能と言えます。以前よりFaceIDはマスクしていると機能しないなど問題を抱えていましたし、iPad Proにも搭載されていますが、少し離れているとそれでもうロックが解除できなかったりと面倒この上ないので、ぱっと手を伸ばしてロックが解除できるのはありがたいですね!

そしてコネクターはLightningからUSB-Cへと変更になりました。地味に嬉しい機能ですね!ただiPhoneシリーズはまだLightningなのでケーブルを減らすことはできないですね…。

まだまだあります嬉しいこと!それはApple Pencil2対応です!マグネットでくっついて充電できすぐいつでも外して使えるのが魅力ですね!この機動性がiPad Proでも非常に便利に使えてる一番のウリとも言えるので、これがiPad miniにも解放されたことは喜ばしいことですね!

物理キーボードが欲しい場合はBluetooth製品を

iPad mini6はSmart Connector非搭載のためMagic Keyboard・Smart Keyboard Folioには対応しておらず、キーボードはBluetoothのみの対応となります。画面小さいですし、そこは仕方ないかもしれませんね。

sponcered links

神アップデートにもう所持欲が刺激されて…

iPad miniは以前から「オマケ」的扱いを受けてきて、数年前から噂されていたこのiPad Pro/iPad Airの見た目にのようになると言われて全然出さなかったので、いつになるのかそして本当に出すのか半信半疑で居ましたが、いざドン!と出されるともう混乱状態になりました😁

といいながら、発表当日の朝スターライト/256GB/Wi-Fi+Cellularモデルをポチってしまいましたんですが…。

いつか外でバリバリ使うことを夢見つつCellular版で…、そしてminiは愛着が湧いちゃって早々買い替えないだろうとのことで最強スペックにしました。

|2021/09/21更新| iPad mini6のケースが届きました

とりあえず、ケースはiPad Pro 12.9の時に使い勝手の良かったESRのマグネットで張り付くタイプのケースとガラスシートは同時購入で割引を受けられたのでこれまたESRのものにしました。

早速ESRのiPad mini6用のケースが届いたので、iPad mini6、iPad Pro 11、iPad Pro 12.9のケースと重ねてみました。
iPad mini6、流石に小さいですね〜!😆しっかり片手でホールドできそうないい感じのサイズ感です!

ESR iPad mini6 ケース 2021 マグネットケース 磁気吸着 オートスリープ/ウェイク対応 Pencil 2対応 スリム 手触りがいい カバー グレー
ESR iPad mini6 ケース 2021 マグネットケース 磁気吸着 オートスリープ/ウェイク対応 Pencil 2対応 スリム 手触りがいい カバー グレー
ESR iPad mini6 フィルム 2021 強化ガラスフィルム 2枚入り HD高透過率 傷に強い 簡単貼り付けガイド枠付き
ESR iPad mini6 フィルム 2021 強化ガラスフィルム 2枚入り HD高透過率 傷に強い 簡単貼り付けガイド枠付き
「PCフィルター専門工房」 iPad Mini 6 (2021 第6世代) 用 保護フィルム 紙のような描き心地 ペーパーライク フィルム 反射低減 指紋防止
「PCフィルター専門工房」 iPad Mini 6 (2021 第6世代) 用 保護フィルム 紙のような描き心地 ペーパーライク フィルム 反射低減 指紋防止

絵を描く人にはペーパーライク、とてもおすすめです。私の12.9インチモデルはたまにめっちゃ綺麗なモニターを体験したくなるので着脱式のものを使っています。iPad miniにも発売されるようなのでこれもオススメですね。

8インチモデルのタブレットがAndroid含め最近少なくなってきているのでiPadの最強スペックで発売された事はガジェット史にも大きな事ではないかなと思います。

iPad mini到着後のレビューも行いたいと思いますので気になる方はチェックして下さい!そしてこの記事で欲しくなっちゃったらもう行っちゃって下さい!!

2021 Apple iPad mini (Wi-Fi, 256GB) - パープル
2021 Apple iPad mini (Wi-Fi, 256GB) - パープル

sponcered links

管理人おすすめ記事はこちら

関連する人気記事

この記事を書いた人

syakegon
Web屋さん。趣味でこのサイトのデザイン変えてみたり記事書いたりしています。 ガジェオタ、機材オタ。気に入ったものをレビューしていきます。 たまにはWebのTipsなんかも書きたいなと思っています。 最近はSTEAMでメトロイドヴァニア系を漁ってます。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください