2020/4/25にiPhone SE 2nd Generation(以下iPhone SE2)が発売となりました!!早速手に入れることができましたので、ご紹介いたします!!

iPhone SE シリーズとは?

まず、iPhone SEシリーズを軽く説明しておきます。

iPhone SEはiPhoneのかんたんにいうと廉価版に位置づけます。64GBの容量ならば44,800円(税抜)で価格はかなり手頃になりました!!

iPhoneシリーズはフラッグシップモデルであるiPhone11(無印)、そのiPhone11に望遠や広角レンズなどを搭載した複数カメラや液晶を有機ELなどに変更し高性能・高機能にアップグレードしたiPhone11 Proシリーズとがあります。

iPhone SEはそれらiPhoneモデルの機能を落として価格も落として販売するモデルで、今回はその2nd Generationが当モデルに当たります。

iPhone SEシリーズの特徴は、大量生産したiPhone用のパーツや、過去で開発され生産が用意になったパーツなどで構成されているモデルであるという事です。

機能を落とすために別途なにかを開発したり、金型を作ったりするわけでなく、過去の資産から組み立てて作ることができるため、開発費などが抑えられているために安くできるというモデルです。

Product(RED)を購入!

今回はiPhone SE2の赤を購入してみました。

カメラは一眼で、配置もiPhone7や8と同じです。

今回もLightning端子ですね。

超カッコいいですね〜!!

sponcered links

iPhone6〜8と同じように使える!

なんと言ってもホームボタンでTouchIDが使える事これは最大のメリットと感じます。

私自身は、iPhone XS MaxなのでFaceIDしかないのですが、マスクの取れないこのご時世にマスクを外さないといけなかったり、寝る前など部屋を暗くするとロック解除キーを打たねばならない事などデメリットを感じる事が多々ありましたので、TouchID復活しないかな〜って思っていました。

じゃあ出ちゃったんですね。SEでTouchID付きが!!
今回は、奥さんのiPhone SE2を購入しましたので、私はXs Maxを使い続けますが、これから販売されるカメラモリモリモデルにTouchIDのものが出たら気持ちが揺らいじゃいそうです…。

と、感想はさておきiPhone8とサイズも同じ、重さも同じ、使い勝手も同じ、iPhone6から始まった4.7インチモデルの最新にして最高峰のモデルが発売された、ということで間違いないですね〜!!

CPUがiPhone11と同じ!

スペックを見てみると、CPUは完全にiPhone11という、まさにiPhoneの完成形のスペックであり、非常に注目が集まっています。

iPhone11やiPhone SE2が積んでいるCPUはA13 BionicでiOS記事作成現段階で最強のCPUです。AIを大量に砂漠Neural Angineも第3世代ということで、機械学習用の演算処理能力が更に上がったのも特徴ですね。

私がメインで使用しているiPhone Xs Maxの約1.5倍の処理能力なのでこの値段でこのスペックのiPhoneが買えるだなんて…とビックリしています。

機械学習の速度がどうだこうだ…というのは体感速くなったな〜という感じなくらいだと思いますが、GPUもiPhone Xs Maxに比べて20%も処理能力が上がっているので3Dゴリゴリのゲームもぬるぬる動くのでゲーム目的の方には朗報と言えるでしょう!

sponcered links

カメラは同じ…ではない!

カメラもiPhone8と積まれているハードウェアは同じようだと言われていますが、Neural Engineが使えるようになったため、ソフトウェアの方がアップデートされ、ポートレートモードに対応しました。写真の背景をぼかしてくれるあのモードですね。

複数レンズを持つモデルの専売特許ではなく、Neural Engineのたまものであるためリアカメラのみならずフロントカメラでもきれいにボケさせることができてとてもいい感じです。

HDRも進化していますので、明暗の幅の広い写真も撮れるようになりました。

Neural Engineが使えるようになった事でハードウェアのパーツは流用ではあるものの、ソフトウェアの処理にてより良い写真が撮れるようになりました。

ハード面で言えば音声はステレオで録画に対応したりとハードウェアでの進化も見られますね。

こちらがiPhoneSE 2で撮った写真です。

こちらはiPhone7で撮った写真です。iPhoneSE 2より粗いのがわかると思います。

こちらはiPhone Xs Maxで撮ったものです。こちらにiPhone SE2は肉薄してると感じます。

一眼のカメラながらここまでいい感じに撮れるのは嬉しい悲鳴でした!!

新製品というアドバンテージ

iPhone7やiPhone8と見た目は同じですが、販売時期はiPhone7で4年前、iPhone8で3年前となります。

Appleは端末によって使用できるiOSのバージョンを制限するので、古い端末だと脚切りされてしまい脆弱性などにより危険にさらされる可能性が出てきます。

現にiPhone6はiOS13にはできないようになっており、過去の端末はサポートが打ち切られていくのが通例となっています。

iPhone SE2は4.7インチ端末ではiPhone8から初の製品となりますので、ここから数年はサポートし続けられる端末となりますね。

AR技術や、機械学習などはNeural Engineありきなので、これから出てくる新しい体験や機能というのはNeural Engineを持たない端末にでは得られないようになっていくと予想されます。

4.7インチサイズが好きで使い続けているユーザーにも新たにAppleのこれからを体験させられる環境が整ったとも言えますね。

sponcered links

iPhone SE2はiPhone7/8のケースが使える

iPhone SE2はiPhone7で使っていたケースがそのまま使うことができました。

保護シートもiPhone7・8も使えますが、ガラスシートは側面のカーブが刷新されているようで端が浮くようです。ガラスシートはiPhone SE2用を選んで買うようがいいようです。

MOFT Xとの相性もバツグンです!!

これは廉価版とは言えない!

あれこれと述べましたが、廉価版という言葉で片付けるレベルの製品ではなく、Appleのメインストリームと言える製品がここまで安く手に入るのは相当凄いと思います。

iPhone11やPro、Xsなどとスペックで比べると違いは出てきますが、体験でいえばそこまで違いが出ないと触ってみて思いました。

iPhoneの4.7インチシリーズが好きで、買い替えを迷っている方には是非おすすめしたい一品と思いますよ。

Apple Store iPhone SE2のページはこちら

sponcered links

関連する人気記事

この記事を書いた人

syakegon
syakegon
Web屋さん。趣味でこのサイトのデザイン変えてみたり記事書いたりしています。 ガジェオタ、機材オタ。気に入ったものをレビューしていきます。 たまにはWebのTipsなんかも書きたいなと思っています。 最近はSTEAMでメトロイドヴァニア系を漁ってます。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください