IMG_1061.jpg

外付けThunderbolt3 SSD手に入れたぞ!

以前、NVMe SSD2種を外付けケースでどれだけ速度が出るかのレビューを行いました。

その時にいつかThunderbolt3の外付けSSDを試してみたいなと思ったのですが今回、plugableのThunderbolt3 SSD「TBT3-NVME480」をついポチッとしてしまいました。果たしてUSB-Cとどれくらい違うのか、レビューしていきたいと思います。

Plugable 480GB Thunderbolt 3 External NVMe SSD
Plugable 480GB Thunderbolt 3 External NVMe SSD
Plugable Thunderbolt 3 NVMe SSD ドライブ - 512GB、読み書き転送レート 2400MBs/1800MBs までサポート
Plugable Thunderbolt 3 NVMe SSD ドライブ - 512GB、読み書き転送レート 2400MBs/1800MBs までサポート

↑2020年1月に新型の512GB版が出た模様。

Plugable Thunderbolt 3 NVMe SSD ドライブ - 1TB、読み書き転送レート 2400MBs/1800MBs までサポート
Plugable Thunderbolt 3 NVMe SSD ドライブ - 1TB、読み書き転送レート 2400MBs/1800MBs までサポート

↑1TB版

大きめのアルミボディは放熱性抜群!

IMG_1062 copy.jpg

これまでレビューしてきたNVMe外付けケースは結構小さいものが主流でしたが、今回のTBT3-NVME480は2.5インチSSDケースくらいの大きさで少し大きくかんじます。

NVMeは物凄く熱を持つので、外付けのケースは熱伝導性能の高いアルミボディが採用されます。この製品もご多聞に漏れずアルミが採用されていて重さもズッシリです。

この大きさでSSDをピッタリ包み込んでアルミを外気で放熱するので、熱暴走が抑えられる利点があります。

sponcered links

気になる速度は…?

TBT3-NVME480は元から480GBのNVMe SSDが付属しています。早速AmorphouseDiskMarkで速度を計測してみました。

plugable thunderbolt3 4gb.png

USB-Cの物より随分速くなりました!!ランダムリードが遅いのは私のMacがおかしいのかな…というくらい全てのケースでその結果になっていますので参考にならないかもしれません…。

参考に以前撮影したGLOTRENDS USB C to M.2 NVME M.2 SSDにCrucial P1を入れて撮影したデータも添付しておきます。

Crucial SSD M.2 1000GB P1シリーズ Type2280 PCIe3.0x4 NVMe 5年保証 正規代理店保証品 CT1000P1SSD8JP
Crucial SSD M.2 1000GB P1シリーズ Type2280 PCIe3.0x4 NVMe 5年保証 正規代理店保証品 CT1000P1SSD8JP
GLOTRENDS USB C to M.2 NVME M.2 SSD(キーM)、TRIM UASP S.M.A.R.T対応、Windows/Mac/Linux/XBOX / PS4...
GLOTRENDS USB C to M.2 NVME M.2 SSD(キーM)、TRIM UASP S.M.A.R.T対応、Windows/Mac/Linux/XBOX / PS4...

JM583-P1.png

書き込み性能も高くて良いですね。ここまで速ければOS載せてもいい感じに動いてくれるかもしれませんね。また試してみたいと思います。

SSDの換装に挑戦!

私が購入前から気になっていた事は、このTBT3-NVME480に他のNVMe SSDを換装できるか、という点でした。

他にそのような記事が無かったので、これは人柱になるしかないと思って思い切ってケースの分解をしてみました。

この換装はメーカーが推奨している行為ではないため、何が起きても自己責任となります。そしてこの記事も換装を推奨するものではありませんので、換装をしたい方も何が起きても泣かない精神で自己責任において行うようしてください。

この記事は2018年発売の480GBモデルでのレポートとなります。新型である2020年モデルでは内容が変わっている可能性もありますのでご了承ください。

IMG_1055.jpg

ケースの裏側のシリコンの滑り止めを剥がしてみるとトルクスのネジが4箇所ありましたので、トルクスドライバーで外しました。

IMG_1050.jpg

開けてみると、他の外付けUSBーCケースと同様に取り外しが可能でした。

SSDもトルクスネジで留められていましたので、同じドライバーで外せました。

付属していたのはPHISONのチップが載ったSSDでした。

IMG_1056 2.jpg

熱伝導の良い弱い粘着性のシールで挟まれていました。

IMG_1059.jpg

裏側はこんな感じ。

ひとしきり見たので容量の大きなCrucial P1に載せ替えてMacに繋いだ所見事認識しました!!

スクリーンショット 2019-09-16 16.16.12.png

USB-Cではなく、Thunderbolt3としてちゃんと認識し、TRIMもサポートされています!!

sponcered links

さて、載せ替えた後の速度は…

plugable_TBT3-NVME-480_Crutial1GB.png

おおお、付属のSSDより速度も上がってシーケンシャルはUSB-Cの理論値を大きく超えて1,367MB/sを叩き出しました!凄い!

化粧箱に書いてある理論値Read 2,400MB/sには届かないですが、writeは1200MB/sなのでSSDの使用状態やもっと性能の良いSSDを載せ替えたらもっと速度が上がる事が期待できます。

TBT3-NVME480_Crucial1TB.png

Mac使いにはお馴染みのDisk Speed Testでテストした所です。いい感じですよね!

Macbook Pro 2020での速度は?(2020/05/30 追記)

これまでのテストはMacbook Pro 2016 15インチで行ってきましたが、先日Macbook Pro 2020 13インチの上位モデル(Corei5)を購入してみましたので、普段遣いをしている上記の構成で再計測してみました。

ものすごいシーケンシャルの速度が伸びています!正直びっくりしています。
かなりいろんなものの呼び出しが速いのでまさかとは思っていましたが、納得です。

ランダムが何故か落ちていますが体感は感じません。
外付けSSDにOSを入れたりすると体感変わってしまうかもしれませんが、私の使用用途であるDTMの作業フォルダやサンプル置き場、写真や動画置き場としてであれば特に不自由を感じる事なく使えています。

sponcered links

Apple Silicon M1 Macbook Pro 13インチにも対応!(2020/12/21 追記)

まだレビュー記事を出していませんが、実はこの20日にApple Silicon Mac M1のMacbook Pro 13インチも購入してこのThunderbolt3 SSDが使えるのか検証をしてみました。

普通にUSB4/Thunderbolt3コネクタに指すだけで認識いたしました。その際のベンチマークはこちら。

ほぼほぼ速度が変わらず使えています。超早い!M1 Macにもぜひおすすめですね!

DTMで置き場で使用する際の注意点

DTMで外付けSSDをご検討されている方で、WindowsとMacとで同じライブラリとして使えたらいいなとお考えの方も少なくないと思います。

その場合、WindowsとMacのどちらでも使えるexFATでフォーマットをしがちですが、こちらはオススメいたしません。

というのも、KONTAKTのライブラリを外付けに指定した場合にプチフリがすごく発生して使えたもんじゃないとなった経験があって色々と調べ回った結果、Macの場合はMac OS拡張(ジャーナリング)でフォーマットしないと正しく動作しないようでした。

私も半信半疑ながらMac OS拡張(ジャーナリング)フォーマットに変更した所、まったくプチフリを起こさなくなりました!

結果としてWindows/Macで同じライブラリを使うことはできませんでしたが、Macで外付け1本でいいんだという方は必ずMac OS拡張(ジャーナリング)でフォーマットしてからインストールしていくことをオススメいたします。

載せ替えも楽しめて超速くて最高!

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_105f.jpg

検証の最後に試しに手元にあった1.5GBのファイルをTBT3-NVME480にCrucial P1に換装したものにコピーしてみた所なんと2秒もかからず転送が終了しました。恐ろしい速度ですね…。

私は容量を大きくしたかったので自己責任で1TBのものと載せ替えましたが、元から480GBのSSDが搭載されており、ExFATでフォーマットされていますので買ってすぐに使うことができます。

DTMの音源を置く用途や動画素材を扱う方で、速度と容量をお求めの方にはおすすめの製品です。

自己責任とはいえ、Thunderbolt3のSSDケースとして使えるのは非常に魅力的ですね〜。そういう製品が安価に出てきてほしいですね〜。

Thunderbolt3対応のケースも出てきました!(2019/09/26追記)

安いの出ないかな〜とか言っていたらAmazonでThunderbolt3用の外付けSSDケースが出てきましたね〜!!どれほどの速度が出るんでしょうかね〜?

ORICO Thunderbolt 3 NVME M.2 SSDケース(M Key)対応 40Gbps 外付けケース 2230/2242/2260/2280 SSD対応 ...
ORICO Thunderbolt 3 NVME M.2 SSDケース(M Key)対応 40Gbps 外付けケース 2230/2242/2260/2280 SSD対応 ...
世界最小 ポータブル Thunderbolt 3 外付け M.2 NVMe PCIe3.0×4 に対応 SSDケース 最大読込速度:2800MB/s H...
世界最小 ポータブル Thunderbolt 3 外付け M.2 NVMe PCIe3.0×4 に対応 SSDケース 最大読込速度:2800MB/s H...
TEKQ Rapide Thunderbolt 3 外付けSSD 最大読込速度:2300MB/s+ 最大書込速度:1300MB/s+ 3年保証 Thunderbol...
TEKQ Rapide Thunderbolt 3 外付けSSD 最大読込速度:2300MB/s+ 最大書込速度:1300MB/s+ 3年保証 Thunderbol...
TDBT Thunderbolt 3 NVMe PCIe M.2 SSD 外付けハードディスクケースっす、40Gbps 100W PD充電 Thunderbolt ...
TDBT Thunderbolt 3 NVMe PCIe M.2 SSD 外付けハードディスクケースっす、40Gbps 100W PD充電 Thunderbolt ...

SSD搭載型のものも続々登場中!(2020/06/04追記)

Plugableの製品のようにThunderbolt3規格のSSD搭載型の外付けタイプもたくさん販売されてきましたね。盛り上がってきて嬉しいですね〜。

(インテル認証) TEKQ Rapide Thunderbolt 3対応 ポータブル 外付けSSD 最大読込速度: 2300MB/s+ 最大書込速...
(インテル認証) TEKQ Rapide Thunderbolt 3対応 ポータブル 外付けSSD 最大読込速度: 2300MB/s+ 最大書込速...
Archgon 960GB Thunderbolt 3認証 外付けM.2 NVMe PCIe Gen3x4 SSD アルミニウム筐体 熱伝導シート付属 最...
Archgon 960GB Thunderbolt 3認証 外付けM.2 NVMe PCIe Gen3x4 SSD アルミニウム筐体 熱伝導シート付属 最...

sponcered links

管理人オススメ記事!

関連する人気記事

この記事を書いた人

syakegon
Web屋さん。趣味でこのサイトのデザイン変えてみたり記事書いたりしています。 ガジェオタ、機材オタ。気に入ったものをレビューしていきます。 たまにはWebのTipsなんかも書きたいなと思っています。 最近はSTEAMでメトロイドヴァニア系を漁ってます。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください