大画面スマホの片手持ち革命


iPhone Xs Maxを購入して1ヶ月以上経過しまして、毎日使っていると重さには少しずつ慣れてきたかなと感じています。

今回、画面が大きくて重たい端末を片手で自由に使うことができ、なおスタンドや壁にかけてディスプレイ的にも使える画期的な新製品「ZEROCHROMA HALO EFFECT 4-Mount Kit」をレビューしたいと思います。

ZEROCHROMAとは?

ZEROCHROMAはアメリカに拠点を持つガジェットカバーなどを扱うメーカーで、そのかゆいところに手が届く便利なアイテムを数多く作っていて根強いファンのいるメーカーです。

しかしながら日本では展開されていないので、このZEROCHROMAの製品を手に入れるには個人輸入かAmazonの個人輸入の代理店(転売かな…?)に頼らざるを得ないので、少し手に入れるには敷居が高めの製品となってしまっています。

ZEROCHROMAの便利なアイテムの代表は「360度回転するスタンドのついたiPhoneケース」です。

この製品はYouTuberの瀬戸弘司さんが愛用しており、縦置きにも横置きにもフレキシブルに使えて、そのスタンド部分を指の間に挟めてホールド感まで高まるのでとても良い製品です。

すこし見た目ゴツくなってしまうのが玉に瑕ですが、そこも含めて製品も進化していて新製品が出る度にチェックしてしまう面白いメーカーです。

今回はiPhoneケースではなく、大手メーカーのスマホならだいたい対応している360度回転対応スタンド兼アタッチメント「HALO EFFECT 4-Mount Kit」という製品がクラウドファンディングサイトindiegogoにて出資募集をしていたので、1つ分出資して先日届いたので早速開封してみたいとおもいます。

箱からカッコイイ


FULFILLED(発送)の連絡から2週間くらいで届きました。

化粧箱の見た目はダンボールなのですが、開くとかなり凝っていてプロダクトデザイン的にすでにカッコいい印象です。

描かれているように、アームバンドとして使えたり、車のクーラー吹き出し部分に取り付けたり、壁などに取り付けられるエクステンションが付いていたりして、普段使いのスマホをもっと身近に持ち運べるアイデアが詰まった製品になっています。


3種のフォーメーションと各社スマホに対応しているイラストが書かれています。このキットでこんなに対応してくれます!

パターンとサイズ


内容物は左上からスタンド本体と6種類のサイズの携帯につけるアタッチメント、左下にアームバンドと車のクーラー部分に挟める
アタッチメント、両面テープで取り付けるアタッチメント、その下に両面テープ2枚がついていました。

スタンドとしての使い方もあるので合計4種の使い方ができる、ということですね。


何がどうなるかというと、まず自分のスマホのサイズに対応したアタッチメントをスマホの下部からスライドさせて取り付けます。

iPhone Xs Maxの場合は裸でサイズ11、一般的なケースだとサイズ12を使うことができます。

いまサラッと言いましたがケースの上から取り付けることができるのが大きな魅力です。

ちなみに以前購入したケース、イングレムのメガネフレーム素材の透明ケースもつけたままでも対応できました。

そして、サイズが決まったらスタンドを取り付けます。どちらもしなやかながら硬めのプラスチックとゴムでできていますので、たわんだり外れることはなさそうです。

縦も横も自由自在


裸に取り付けてみた所です。ややデザインは無骨になるものの、スマホのアクセスやカメラなどに問題は一切出ません。


背面のスタンド部分を外に出してみた所です。この部分が360度回ります。90度ごとにカチッと止まります。


縦置きにも自立させられるのがたまらなく良いです!


横置きにしてみた所です。サッと変えられるのが強みです。


スタンドのポジションによって傾いてしまいますので、スタンドがどのポジションだと傾かないと覚えておくといいでしょう。


こんな感じにスタンドの付け根が上に来るように回転すれば傾かないですよ。

アイデア次第でより快適に


壁に付けられるアタッチメントを使ってみた所です。

壁には両面テープで貼ります。付属の両面テープは引っ張ると剥がれるタイプのものなので気兼ねなく貼ることができました。(剥がれることもあるとは思いますが、自己責任でお願いしますね。)

このアタッチメントは十時に凹んでいて、その凹面にスタンドを差し込む事で縦にも横にも固定させられる非常に面白いアタッチメントです。

iPhone Xs Maxにしてから寝る時の使い勝手が下がってしまったので、ベッドの横に置いてあるカラーボックスの側面に貼ってみました。

えぇ、使い勝手重視です。


こんな感じに固定できるので適当に動画を再生しながらハンズフリーでいられるのがイイトコロですね。


前述の360度回転がここで活きます。スマホを差したままくるくる回せます!そして90度ごとにカチッとはまります。

見たいコンテンツによってスッと向きが変えられるのも素晴らしいです。

今回はベッド側につける事で睡眠前のQOLを向上するようにしてみましたが、職場の仕切りに付けて通知モニターとして使用したり、お気に入りの空間につけてみたりと色んな可能性を感じさせるアイテムですね。

アイデア次第でスマホにさまざまな役割を与えられるのでこのアタッチメントだけたくさん売って欲しいと切に思います。

日本でも売ってくれー!


見た目こそ無骨にはなりますが、ホールド感も上がって、縦置き対応で置いておくもヨシだし、横置きで動画見るもヨシで文句ナシの逸品でございました!

ただ現在では日本で購入できないので、輸入での購入になるのが惜しい所ですね。

2018/11/9にindiegogoでの販売は終了してZEROCHROMAの本サイトより購入できるようになるようなので、興味のある方はぜひ買ってこの良さを体験して欲しいと思います!

価格$59+送料$10程度なのでちょいとしますがその価値はある商品だと思います。

壁に貼るアタッチメントが欲しいので日本でも気軽に買えるようになって欲しいですね。

sponcered links

関連する人気記事

この記事を書いた人

syakegon
Web屋さん。趣味でこのサイトのデザイン変えてみたり記事書いたりしています。 ガジェオタ、機材オタ。気に入ったものをレビューしていきます。 たまにはWebのTipsなんかも書きたいなと思っています。 最近はSTEAMでメトロイドヴァニア系を漁ってます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください