ワクワクの新型発表!

今年もiPhoneの新型が発表されましたね!

新型のiPhoneの名前はiPhone XsとiPhone Xs Max、iPhone Xrの3機種の発表でした。

iPhone Xsは有機ELディスプレイにメインCPUは4コアとGPUは6コアと機械学習のためのコプロセッサーを8コア搭載してより速くよりキレイに賢く動作できるハイスペックチップセットA12 Bionicを搭載。
そして、iPhoneXに初めて採用された背面に2レンズ搭載し、取りたい被写体と背景を別々に扱いあとから背景をボケさせられる「Bokeh」機能をA12 Bionicにてさらに高速化・高精細化を図りました。
まさにカメラの再発明を行った意欲的な超高性能端末です。

スマホ界では有名なAntutuベンチマークが発表した資料としては、今までにスマホでは達成したことのないベンチマークスコアが叩き出されていて、メモリも4GB搭載されているとの話もあります。まさにハイエンドの名にふさわしい端末が発表されました。

iPhone Xrは廉価版と言われていますが実はそうでもなく、ディスプレイこそ今までとそこまで変わりませんがiPhone Xsで採用されているA12 Bionicはまるまる搭載されていて、カメラ周りは背面1レンズなのでiPhone Xsとは表現力が違いますが、1カメラでも「Bokeh」機能をいい感じに使えるようにチューンナップされているのだとか。

iPhone Xsから見ると劣るのかもしれませんが、iPhoneシリーズやその他スマホからすると十分ハイグレードなスペックで、カラーバリエーションも取り入れた十分凄い端末です。

そして私はというと、結論から言えば「iPhone Xs Max 256GB スペースグレイモデル」を予約しました!

2018/9/22追記

iPhone Xs Maxが届き新たな記事を書きました!アクセサリーの博打結果発表や片手持ちの実践も行っていますのでぜひ御覧ください。

新記事「iPhone Xs Maxで片手持ちを実践してみた。

体験はあらゆる想像を超える、という感覚

昨年、iPhoneXが発表された時にまず思ったのは「なんだこのMっぱげは…」と画面の上側の左右に表示領域があって、前面カメラや電話のスピーカーがある部分は黒く塗りつぶされている「ノッチ」について受け入れられない自分がいました。

その上何より、iPhoneの象徴であるHOMEボタンそしてHOMEボタンに搭載されている指紋認証がなくなった事が使いづらいんではないかと感じました。

それに加えてYouTuber中心に「マスクをしていたらロック解除できない」とネガティブな意見が結構あって、やはりHOMEボタンがなくなるというのはありえないと思い、それ以上iPhoneXに興味を持たなくなりました。

その後、家電量販店でiPhoneXを実際に見て触って体験してみたら「なんだこれすごいいいじゃん…」と一気に魅了されてしまいました。

まず何が良かったかというと、HOMEボタンがなくてもカンタンに操作できる点でした。

HOMEボタンの役割は画面を下から上にスワイプする事でできます。Face IDは試せませんでしたが、おそらくそこまで意識せずとも自動的に認識してロックの解除が行えるような感じでしたので、マスクの着用時はキーコードで解除したら良いなと思う程度に思えるようになりました。

それ以上に、ノッチのおかげで広がった画面サイズの大きさや2眼レンズでの写真の憧れなど触ってみたい使ってみたい機能が懸念点より上回って感じました。

最近はiPhoneで本を読むことが増えたので、画面サイズが大きくて片手で使える端末がほしいなとDocomoのDtab d-01jがほしいなと思っていたのですが、iPhoneの発売時期が近かったのでなんとか我慢して、発表の時期を迎えたわけです。

余談ですが、dtab d-01jはHuawei MediaPad T3 8inchの廉価版だそうで、スペックもタブレットにしては十分ですごい良いと思います。カタログスペックや写真だけで感じる良さだけで欲しがっていましたが、これもまた家電量販店でMediaPad T3を手にとって見てわかったことですが、大きすぎて片手で操作することは難しいことがわかった、という事も体験してわかった事でした。

sponcered links

今までで一番大きな、iPhone。「iPhone Xs Max」

iPhone Xsは前年のiPhone Xとサイズは同じで、画面についてはずいぶん大きく感じます。iPhone6と同時発売したiPhone6 Plusの時から一度は大きい端末を持ってみたいとは思いつつ大きすぎて後悔する可能性も否めない…ので今まで思いとどまってきました。

しかし前述通り本を読みたい事や8インチタブレットくらいのサイズのものが持ちたいという気持ちが高まっていたので、今回は思い切って大きい方「iPhone Xs Max」を選ぶことにしました。

iPhone XsとiPhone Xs Maxは画面サイズだけの違いとの事ですので、スペックの違いでモヤモヤすることもなくて良いですね!

片手で使う事への挑戦

サイズが大きくなって、今までiPhone7で片手持ちで使っていたライフスタイルが変わってしまう懸念があります。
しかし最近はスマホリングが浸透し始めていて、iPhoneの背中になにかくっつけるのが当たり前になってくれているので、両手を使わずとも使えそうなアイテムを使用してみようと思って以下の商品を買ってみました。

POPSOCKETSは、スマホの背面にくっつけて指に挟んで端末を掴まなくても安定して持てるアイテムです。

通常は背面に張り付いてるだけです。

少し引っ張ると写真のようなジャバラな感じで出っ張ります。

手に持つとこんな感じで指と指の間で安定できます。人差し指と中指の第一関節で軽くはさめば親指の可動域が広がりますので片手で操作することができます。

スタンドにもなるのでとても便利です。

現時点ではiPhone7に使用していますが、端末自体をグリップする必要がないので親指の可動域は保てると思いますので、iPhone Xs Maxくらいのサイズでもいい感じに使えるではないかと思います。

POPSOCKETSはカッコいいものやカワイイもの、迷走(?)してるものまで色々と発売されているので、手が小さい人や、大きい端末を持ちたい人はにはオススメのアイテムと思いますよ。

sponcered links

博打かもしれないけれどさらにアクセサリー買ってみた。

iPhone Xs Maxはまだ本物が発売されていないので、予めケースやガラスフィルムを買うのはサイズが微妙に合わないとかありそうなので博打感がありますが、とりあえず以下の商品を買ってみました。

また装備してみてどうだったかは記事にしようと思っています。

新たな体験に今からワクワクが止まらない!

今使っている端末がiPhone7なので、次に手に取る端末は変化がたくさんあるので今からとても楽しみです!

特にカメラの機能にとても期待を寄せています!はやく来週末にならないかな〜?
いやまだ来週末に手に入るとは限らないのだけれども…。ドキドキしますね。

2018/9/22追記

iPhone Xs Maxが届き新たな記事を書きました!アクセサリーの博打結果発表や片手持ちの実践も行っていますのでぜひ御覧ください。

新記事「iPhone Xs Maxで片手持ちを実践してみた。

sponcered links

関連する人気記事

この記事を書いた人

syakegon
Web屋さん。趣味でこのサイトのデザイン変えてみたり記事書いたりしています。 ガジェオタ、機材オタ。気に入ったものをレビューしていきます。 たまにはWebのTipsなんかも書きたいなと思っています。 最近はSTEAMでメトロイドヴァニア系を漁ってます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください