USB-Cに追い込んで1年半。色んなものを買いました。

MacBook Pro 2016を購入して、まず困ったのはUSB端子がUSB-C端子のみになってしまった所です。

今までは本体に直接挿せていたUSB type-AやSDカードリーダーが使えなくなったとのことでそれを別機器で補う必要が出てきました。

それからAmazonで売っている比較的安い便利そうなUSB-Cのハブをたくさん買ってきました。

ここで買ってみてよかった製品をまとめてレビューしようと思います!

一つは持っていたいApple純正のUSBアダプタ

言わずと知れたUSB-CをUSB typeAに変換する純正パーツです。1対1での使用になるので、外付けSSDなどより安定度が重要視される機器に使っています。

Apple純正のアクセサリはちょっと高いので、今現在こちらを手に入れるには2,200円かかってしまいます。しかしさすがの安定感なので1つは持っておくに越した事は無いと思います。

sponcered links

4K対応HDMIとSDカードリーダー付きハブ

いまさらですが、MacBook Pro 2016以降に失われた便利なポートをほぼ網羅したハブがこちら。

HDMIは4K@30Hz対応なので、サイズ的には大画面に写せるので便利です。USB3.0も2系統あります。

私は主にDockとして家でオーディオインターフェースやMachineなどのMIDI機器とつなげて繋ぎっぱなしにして使っています。

SDやmicroSDはあまり使わないので、MacBook Proを外に持ち出す時なんかは、何も考えずに引っこ抜ける安心さがあって気に入っています。

HDMIは4Kに対応するものの30Hzなので60Hz対応のモニタなどではヌルヌル感が教授できないですが、フルHDのモニターでは60Hzにも対応なので、24インチフルHDモニターなどで使用する場合は十分使えますよ。

安定感抜群の2ポート占有型ハブ

Appleアクセサリーの老舗、TUNEWEARから販売されているUSB Type-Cハブです。

USB-Cポートを2ポート占有しますが、1ポートはThunderbolt3として使用できるので、MacBook Pro 15インチも充電しながら使用できます。もう一つのType-CポートはGen 1扱いなので5Gbpsの速度までになります。

他にUSB 3.0ポートが2基、microSD・SDポート対応なのでこちらもInateckのものと同様にDock向け製品です。

私の用途としては、Macbook ProをLAPTOP STANDに載せていて、USB-Cポートの真横にモニターがあるので、ちょっとした不注意でこの出っ張りがモニターを傷つけてしまう事がありそうなので、主に持ち運び用にPCバックに忍ばせています。

↑Maschine mk3も置けちゃう!クランプ付きなんで机にガッチリ固定できて超オススメ!

話がズレてしまいましたが、ちゃんと机に置いて使用する場合はこのハブは超オススメです。上位機種にHDMIで5Kモニターにまで対応するTB2というものがあるので、もっとハイエンドを求める場合はこちらもオススメです。

sponcered links

ギガビットLANポートの付いたハブ

我が家にももちろんWi-Fi環境がありますが、モバイル機器がたくさんあるので、Wi-Fi機器の捌ける量を超えている瞬間がややある時がありますので、データ転送の多い機器はLANで繋がっているとありがたいなぁと思うことがありましたので、買ってみました。

はじめMacbook Pro 2016 Sirerraに繋げた時にLANアダプタが認識しなかったので、色々試してみた所、AnkerのRJ45ドライバーをインストールしたらMacbook Pro 2016 Sierraでも認識して今は安定して使えています。

ホテルなどでWi-Fiは飛んでるけれど不安定、LANなら部屋まで来ているような所が結構あるので、これも持ち歩いていると便利と思いますよー。

10Gpbsで認識!2.5インチSSD/HDDケース

これはハブではないですが、USB-Cの製品で重宝しているのでここで紹介しちゃいます!

SSDも価格破壊が起きてきて3D TLCモデルなら500GBで1万円みたいな製品も出てきていて、内蔵だけでなく外付けもSSDにしやすいタイミングになってきたなと思います。

ただUSB-Cポートは40Gbpsの速度をサポートするThunderbolt3やUSB 3.1でも5GbpsまでサポートするGen1と10GbpsまでサポートするGen2等、形は同じであれど知らなければハマってしまう罠がある事も問題になっています。

余談ですが、USB-CのケーブルとThunderbolt3のケーブルとでは見た目はほぼ同じでも違うので、Thunderbolt3のケーブル1本でモニター出力ができると思って間違えてUSB-Cのケーブルを買ってしまって映らない、みたいな事も起きますので、気をつけましょう。

話を戻して、このPlugableの2.5インチHDD・SSDケースはUSB-C 3.1 Gen.2に対応しているので、SATA3の理論値6Gbpsの速度を最大限に享受できます。

商品によってはUSB-C対応でもGen1までの対応で5Gbpsまでになりますので、SSDの速度を最大限に活かませんので、購入する際はGen2に対応したものを買うようにしましょう。

sponcered links

用途に合わせて多様な組み合わせを楽しもう!

USB-Cは本当に拡張に優れたポートで、様々なポートに変換するハブやユニットは価格がこなれてきているので、モニタを複数台繋げたい時はHDMI出力に絞ったものだけを買ったりすることができたりするので、とても自由度が高いです。

MacBook Proを買った時に様々なポートが省かれましたが、結果的に自由度の高さが本当に気に入っています。

見た目はゴテゴテになっちゃいますが…この拡張性は素晴らしいので、色々また楽しみたいなと思いますよ!

sponcered links

関連する人気記事

この記事を書いた人

syakegon
Web屋さん。趣味でこのサイトのデザイン変えてみたり記事書いたりしています。 ガジェオタ、機材オタ。気に入ったものをレビューしていきます。 たまにはWebのTipsなんかも書きたいなと思っています。 最近はSTEAMでメトロイドヴァニア系を漁ってます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください