IMG_1653.JPG

Androidアプリ、進捗どうですか。

先日、Xperia Z Ultraをひょんな所から手に入れ、その高いポテンシャルにかなり惚れ込んでおりました。そもそもなぜAndroidを立て続けに購入しているかというと、昨年末からAndroidアプリ開発をはじめたからなのです!

月日は過ぎて、まるっと3ヶ月間Javaをガッツリ勉強し終えて、つい最近やっとこさAndroidのアプリを徐々に作れるようになりました!これが成果です!

というように、まだまだなわけですが、マルチスレッドやダブルバッファリングもわかってきましたし、どういう仕組みで「ゲームっぽい」ものが作られているかわかってきました。今とてもアツいです!!

で、そうなってくると、「開発できる時間」や「手軽に開発できたら」とかを考えてしまうわけですね。

AndroidでAndroidアプリが開発できる「AIDE」

実際、Macを持ち歩いてAndroid StudioやEclipseなんかで開発した方が効率も能率も良いなーというのはわかっているんですが、「出先や帰りがけにサクッと勉強できたら」みたいな事にもなるわけです。そうすると環境が整っていないと開発はできないわけですが、Androidアプリで開発できるツール、見つけました。

AIDE- IDE for Android Java C++ – Google Play の Android アプリ

なんとAndroid上でAndroidの開発ができてしまうツールで、コンパイラまるごと入ってるみたいです!合計2000円程度払えばどこでも開発できてしまうわけですから、ものすごく便利ですよね!!

そしたら、物理キーボードも欲しくなってしまって、良い物がないかなーと調べていたら「Microsoft Wedge Mobile Keyboard U6R-00022」にたどり着きました。

マイクロソフト ワイヤレス Bluetooth キーボード Wedge Mobile Keyboard U6R-00022

sponcered links

実用的なキーピッチ

IMG_1654.JPG

なぜコレにたどり着いたというと、私、以前にも似たようなモバイルキーボードを購入していました。BUFFALOのキーボードですが、重量も軽く、スマホやタブレットのスタンドにもなる便利なものでしたが、折りたたみの位置が悪く、キーが押しづらく、キーピッチ(キーとキーとの間隔)も狭かったので、イチイチ目で確認しないといけなくとても非効率でした。

頑張って使用していて慣れてきたな、と思い始めた所で電源が入らなくなり、今はお役御免となってしまいました。

その前にも、iPad 3rdと一体型になるキーボードも持っていましたが、それもキーピッチが最悪で、指をすぼめて使用せざるをえず、我慢の日々でした。

IMG_1668.JPG

今回購入したMicrosoft Wedge Mobile Keyboardは17.5mmあり、Appleのキーボードが19mm程度で少し小さめですが、バランスが良く打鍵に一つも問題ありませんでした。

私はJISキーボードに慣れているので、特にエンターキーは大きくあって欲しいという所が守られているのもポイントでした。

キーボードのカバーが、スマホやタブレットのスタンドになります。シリコンでかなり厚手で、尚且つ少し重い…ですがスタンドとしてはかなりシッカリした作りで、プラスチック製スタンドにありがちな「滑って倒す」心配は皆無といえるでしょう。

IMG_1656.JPG

単4電池2本駆動で、電池切れもコンビニですぐ補給できますよ〜!

Androidで日本語を打つ設定

Androidでこのキーボードを使う方法は、Bluetoothでペアリングすればいいのですが、それだけでは日本語が打てません。その設定は

1.Playストアより「Google日本語入力」をダウンロードする。

2.設定→言語と入力→物理キーボードを選択してキーボードレイアウトの選択を行う

Screenshot_2016-04-03-12-16-19.png

3.キーボードレイアウト設定より「日本語109A配列(Google日本語入力)」を選択する。

Screenshot_2016-04-03-12-21-18.png

以上の設定を行う事で、無事日本語入力が行える状態になりました。

sponcered links

ファンクションキーは…

ただこのキーボード、ファンクションキーがWindows8系のチャームに割り当てる用にできており、通常のIME変換を行う時は左下のFnキーを押しながら押してやらないとイケないという仕様を抱えておりました。

Windowsであれば、AutoHotKeyなるツールでキーをリマップしてやれば通常のように使えるとの情報を仕入れておりましたのでゆくゆくはそうするか、という気持ちでいますが、Androidだとそうも行かず、日本語変換はファンクションキーを使わずに変換候補から選ぶのがスマートかと思います。

#336 Microsoft Wedge Mobile Keyboard のFキーをFnキー無しで動作させる – 新たなるエクスペリエンス

モバイル開発環境、構築完了です!

IMG_1669.JPG

モバイルでの開発環境、これで出来上がっちゃいましたね!開発環境だけでなく、MarkDownのエディタを利用したらブログを書く環境にもなりますし、AndroidだけじゃなくiOSにも対応していますので、手軽にモノを書きたい人には是非おすすめできるキーボードだと思いますよ!

マイクロソフト ワイヤレス Bluetooth キーボード Wedge Mobile Keyboard U6R-00022

sponcered links

関連する人気記事

この記事を書いた人

syakegon
Web屋さん。趣味でこのサイトのデザイン変えてみたり記事書いたりしています。 ガジェオタ、機材オタ。気に入ったものをレビューしていきます。 たまにはWebのTipsなんかも書きたいなと思っています。 最近はSTEAMでメトロイドヴァニア系を漁ってます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください