質の良いLightningケーブルを探して

Lightningケーブルの種類も出始めのiPhone5の頃と比べ圧倒的に増えました。今ではApple認証のケーブルはだいたい1000円も出せば購入できるようになりました。
純正のケーブルはLightning側コネクタが極端に弱い!そのお陰で買い替えを余儀なくされる方は多いだろうと思います。
できれば一旦買えば永く使いたいもの!という事で強そうなケーブルを探した所、安定のAnkerより発売されていrNylon USB Cable Lightning Connectorを購入してみました。

パッケージはストレスフリーの段ボールで、内容物は製品(0.9m)と説明書です。

最大の特徴は、ケーブルが被ふく状になっており、断線しにくい加工が為されている事。コネクタの付け根もプラスティックで硬く作られているため、純正品よりは強そうな印象。

iPhone6に接続してみた所です。ケースはspigenのultra hybrid mintですが、干渉することなくちゃんとハマりました。

気になるケーブルの速度は…

Cheeroのダンボーバッテリーの2A出力と繋げた所です。最後の桁は”A”なのですが、少し計測器の表示が壊れているようで、正確には1.70Aの出力です。かなりの速度が出ていますね。

iPad mini Retinaに繋げてみたところです。

iPad mini Retinaと12W USB Adaptorを繋げてみた所、こちらも1.64Aと高速充電してくれます。ありがたい!

純正品とコネクタのサイズを並べてみると…

上から純正Lightningケーブル、純正Lightning HDMI Connector、今回のAnkerのNylon USB Cable Lightning Connectorと並べてみました。(不細工な画像ですみません)
純正のLightning HDMI Connectorとサイズは大体同じくらいと考えれば良いでしょう。

耐久性、速度も大満足!

被ふくのほつれもなく、しなやかさには欠けますが、強さ、速度ともに満足のいく商品と思います。私は持ち運び用に使用しますが、日常用にももう一本ほしいなって思うほど気に入りました♪

sponcered links

今日の更新

今日の開発、今日の動画、今日の琴線は本日はお休みします。WordPress周りの環境整備を行いましたが、まだまだイケてない所があります。とりあえずMarkdownはATOMでプレビューしながら打っています。

sponcered links

関連する人気記事

この記事を書いた人

syakegon
Web屋さん。趣味でこのサイトのデザイン変えてみたり記事書いたりしています。 ガジェオタ、機材オタ。気に入ったものをレビューしていきます。 たまにはWebのTipsなんかも書きたいなと思っています。 最近はSTEAMでメトロイドヴァニア系を漁ってます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください