当ブログを始めるきっかけは”iOSで音楽しよう!”だったと記憶しておりますが、最近トンとご無沙汰でしたので、初心に帰るべく、前々から気になっていたLine6のiOSのオーディオインターフェイスのSonicPortシリーズの新型”SonicPort VX”を購入しました。

Line6はアンプシミュレーターのPODシリーズで宅録の常識を覆した立派な会社でして、私も多大な恩恵を授かった一人です。GuitarPort→TonePort→POD XTとLine6のアンプシミュレーターの進化と深化を体験して育ちました。

最近はもっぱらプラグインに頼っていて、 IK MultimediaのAmplitube3やNative InstrumentsのGUITAR RIG 5 PROなどレコーディングにも練習にも使える素晴らしいものが増えてきました。 しかし、モバイル環境のメインであるiOS内で全て完結できればと思い、iPhoneとギターと軽くて持ち運べるインターフェイス、マイクが必要だ!という事でその全てがつまったこの製品が一番ニーズにあっているなということで、購入に踏み切りました。

内容物は本体、本体接続専用Lightningケーブル、MicroUSBケーブル、本体スタンド、説明書、ワランティーカードです。

本体の裏には一般的なカメラの雲台で使用されているスタンド用ネジ穴があって、ゴリラポッドなどとも接続できそうです。

横から見た所です。左のスイッチは入力を変えられるスイッチで、ギター、ステレオマイク、モノラルマイクです。右側のノブはマイクゲインです。マイクゲインはギターのゲインの調整はできず、マイク入力についてのゲインを調整できます。

前から見た所です。 左側AUX入力はiPodやその他音楽プレーヤーからステレオ入力が可能で、その音と合わせて演奏ができるようになります。 右側はギター入力です。ハイインピーダンス対応です。

下側は標準モノラルジャック出力×2でミキサーやスピーカーなどに出力できます。真ん中はイヤフォン出力です。

右側はダイレクトモニターのスイッチです。生音をそのまま出力してくれるスイッチです。

iPhone等にアンプシミュレーターソフトを介して音を出すと、最低2msのレイテンシー(遅延)が発生します。練習の時は良いですが、録音する際はその音に合わせて録音すると必ず遅れてしまいます。それを防ぐために、音作りをアンプシミュレーターで行い、ダイレクトスイッチを入れ、生音でモニタリングしながら録音する事で遅延を防ごうというスイッチです。

裏側です。上がMicroUSBポートで、こちらのポートでMac/Winに接続すればオーディオインターフェイスとして使用できます。 Macの場合はCore Audioで使用でき、WinはASIOドライバーで動作します。

下側のポートはLightningケーブルでiOSデバイスと接続できます。 しかし本体と接続するジャック部分は独自規格の為、このケーブルを無くしてしまうとLine6と直接やりとりして再購入しなければならなくなりそうです。(単品売りしてくれるかは未確認)

SonicPortシリーズの最大の機能は、オーディオインターフェイスとアンプシミュレーターですね! Line6の名を世界に轟かせる事になった名器、「POD2」のサウンドを持つ「MobilePOD」がiOSデバイスでは利用できます。

「MobilePOD」は2014年暮れのアップデートで他のiOS対応のオーディオインターフェイスでも使用できるようになりましたが、アプリ内課金2000円を払わなければなりません。しかしSonicPortシリーズを購入した特典として「MobilePOD」が無償で提供されます。 SonicPortを接続しながら「Mobile POD」を起動すると、起動時に製品と繋がっているかを判定するようです。

気になるサウンドですが、そこはさすがPOD直系サウンド!!なかなかいい出音をしています。ここで、同じリフで音がどれだけ違うのか紹介してみようと思います。

Mobile POD App
カテゴリ: ミュージック
価格: 無料(記事作成日現在)

BIAS – Guitar Amp Designer and Modeler(for iPad) App
カテゴリ: ミュージック
価格: ¥500(記事作成日現在)

 

BIAS – Guitar Amp Designer and Modeler for iPhone App
カテゴリ: ミュージック
価格: ¥500(記事作成日現在)

 

AmpliTube App
カテゴリ: ミュージック
価格: ¥500(記事作成日現在)

 

ToneStack App
カテゴリ: ミュージック
価格: ¥1,000(記事作成日現在)

まず、iOSとSonicPort VXでここまでの音が出るのか!と素直に感心しますね!アン直に近い手軽さです。

出音は、それぞれプリセットで歪み系を選んでみました。どうでしょう?それぞれのアプリがそれぞれ面白い音が出ますね。特にBIASは他のアンプシミュレーターにない電圧などの設定ができたり、自分のレベルには手に負えない所までいじれますので、沼にハマること間違いなしの面白さですよ!

iPhoneで初めてAmplitubeが出た時に可能性を無限に感じて、ついにここまで本格的になったかとビックリしています。フィールドマイクとしても使用できますので、コンデンサマイクもギター録音もしたい!って方には特にオススメかもしれません。Inter-AppやAudiobusなどを使用して、GarageBandやCUBASIS、MultiTrackDAWなどにギターの音も録音できるので、こりゃほんと音楽作成の革命が起きてしまっています!

あとは、アイデア勝負ですな…。アイデア…。

sponcered links

関連する人気記事

この記事を書いた人

syakegon
Web屋さん。趣味でこのサイトのデザイン変えてみたり記事書いたりしています。 ガジェオタ、機材オタ。気に入ったものをレビューしていきます。 たまにはWebのTipsなんかも書きたいなと思っています。 最近はSTEAMでメトロイドヴァニア系を漁ってます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください