●新しいiPad + 楽譜!(Good Readerにて閲覧)

 

先日、自炊スペースへ行って来ました!!

前々から知り合いから面白いよ!やってみなよ!って勧められていたのですが、ウチにそんなに本ないなぁ、その前にそういう店がないからなぁと諦めていると、近所(とはいえ電車で20分程度入った所)に新しくOPENしたとの情報が。

我が家の本棚の半分が1/3は楽譜、1/3は雑誌、1/3は漫画で、楽譜は特に、買いはするものの、開いてめくってっていう作業が面倒なこともあり、本棚の肥やしになっていく運命なので、こりゃデータ化して置いとくといいなぁ、欲しい曲だけ印刷したりもできるし便利だなって思い立って、楽譜4冊、レイアウトの勉強本1冊、ObjectiveCの勉強本1冊を持って自炊スペースへ行って見ることにしました。

場所は大阪市内某所。土曜日のお昼14時頃に到着しました。

席は4席で、土曜日って事もあって、最低1時間待ちとの案内が。

待ちますと伝えると、規約書みたいなものにサインと、本を破棄したいと伝えると1週間は預かって、スキャンに抜けがあったら10枚まではタダで再スキャンしますよ、というサービスのついた領収書(半券)をもらい、近所のミスドで小一時間ぼーっとしました!

連絡が入って、再度自炊スペースへ。

ここの自炊スペースは1冊150円(キャンペーン中は1冊100円)でスキャンさせてもらえて、しかも裁断もその値段のウチに入る!そしてスタッフの方に裁断してもらえる!って事でとてもラク!行った頃には、本6冊が裁断して置いてあって、あとはスキャンするだけといった状態。スキャンする行為自体は自分でしなければアウトみたいなので、自炊代行はしない、っていう事なんでしょうな。

スキャナはFUJITSUのS1500。50枚まで給紙トレイに置くことができ、大体1分間に20枚程度の両面読み込みが可能で、しゃこーん!しゃこーん!しゃこーん!と見ていて楽しかったです。そして、本1冊300ページくらいを給紙させたりもったりする時間を含めて15分〜20分で完了。pdfデータへ落としました。できたデータは手持ちのUSBメモリに移動させて、また次の本にとりかかる、といった寸法です。

完成したデータは概ね良好。楽譜に関しては、結構な視認率で、新しいiPadで見ると、縦置きで2段表示でもTAB譜の文字が読める程度でこれはアリだなーと、とても感動しました。

●マクロレンズが無いためちょーっとわかりづらいけれど、だいぶ見えるんです!

 

自分の中では初めてiPadを触った位の衝撃で、自炊ってアリだわ…って考え方が変わって、FUJITSUのスキャナと裁断機がとても欲しくなっちゃいました。ちょっとハイエンドよりは落ちるけどS1300でもいいなぁ。

 

って事で、自炊スペースへと言って参りました。ハマりそうです…。我が家の楽譜ぜ~んぶなくなりそうな勢いですよ!!

sponcered links

関連する人気記事

この記事を書いた人

syakegon
Web屋さん。趣味でこのサイトのデザイン変えてみたり記事書いたりしています。 ガジェオタ、機材オタ。気に入ったものをレビューしていきます。 たまにはWebのTipsなんかも書きたいなと思っています。 最近はSTEAMでメトロイドヴァニア系を漁ってます。

この記事に関連するタグ

2 件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください