スクリーンショット 2011-10-04 0.18.54

DTMerがギター録音してぇなーって思うときに使用するのが
アンプシミュレーターです。ギターアンプやベースアンプを
機械的に空気感などを計算しつつアンプから出た音を計算して
それをマイキングした音を作ってくれるというヤツです。

以前、iPhone版のAmplitubeが出た時にすっげー革命!って
はやし立てましたが、実用的かどうかはと聞かれたら
やはりおもちゃだなと言わざるを得ない、そんなモノでした。
値段的にはiPhoneにくっつけるiRigが5000円、AmplitubeAppが
1800円と、結構いってたりします…。だけどもう今は一切使ってませんw

そんなAmplitubeですが、実際はMac/Win用のVST、AUとして
開発されているのが本家でして、パッケージ版を買うと
インターフェイスなしで4万円くらいする結構なソフトでして、
一昔前までは、CPUパワーをどんどん使い、レイテンシーの問題で
あんまり掛け録りみたいなことは実用的でなくて、
まず音を作って、リアルタイムモードをOFFにして生音で録音して
みたいな事が必要だったので、全部内部DSPで処理してしまって
レイテンシー0が売りのLine6 PODに軍配があがっていたのです。
でもPOD、使い込んでいるとマイキングの設定も近いか遠いか、
エフェクターの並び方も自由度が低く、アンプ数の割に音の幅が
狭いなど結構うーんってなってきました(POD XTの話)

Macを買ってCakewalkブランドのUA-1Gという1万円前後という
比較的に安いオーディオインターフェイスなのにもかかわらず、
MacのOS標準のドライバCoreAudioでは結構レイテンシが詰められる事を知り
Winの主流であるASIO、WASAPIよりも最適化されてるんだなぁって
感じ、Gragebandなどで遊んでいたんですが、IKMultimediaのツイートを
目にして、そういやAmplitubeあったなーって思い、無料版もあるって事で
使ってみたところ

「おお、レイテンシほとんど感じない…音もすげぇいい!」

と感動してしまいました!!

使用するならMac版をオススメしたいです。

というのも、同じ構成、Macbook2010でBootCampでWin7を入れ、
それにWin版AmplitubeをASIOドライバで使用して、だいだい同等のセッティングで
使用してみたら、結構途切れ途切れになってしまい、WinASIOではまだかなぁ
というような状態です。Macだとかなりいいですよ!!

音は、POD XTと比べると、POD XTはツマミでの音作りがほとんど効かず、
3段階くらいの変化しか期待出来なかったのですが、
Amplitubeはカナリの効きで一つのアンプモジュールをいじればいじるほど
音が変わってかなり面白いです。

無料版には、FenderとMarshallの代表的な音のアンプが標準搭載されていて、
エフェクターもオーバードライブとかディレイ、コンプにグライコなど
はじめっから結構遊べる以上な感じになっています!!
そしてSONARとかCubase、Garagebandとかにプラグインとして使用できる
といった無料なのにここまでできんの?というような驚きが満載です!!

そしてここからがまた面白い!ウマイ!というような感じなんですが
CustomShopっていうその場でアンプモジュールを選んで、試し弾きして
よければ購入するといった本当に商売上手な機能がついていますw

ラインナップとしては、ハイゲインアンプでメタル界で人気のSoldanoの
SLO-100をモデリングしたアンプに、
ORANGE!これ重要!ORANGEは5種類くらいあります!!
ThunderverbとかOR-120やらTinyTerrorなんかも手に入ります。
いやー見た目も買いたくなっちゃうんですよ…。

 

スクリーンショット 2011-10-04 0.19.37

スクリーンショット 2011-10-04 0.20.05

ほら、なんだか欲しくなるでしょ?
ORANGEって高いし憧れちゃう!!なんか持ってる感じになる!
そんなもう自己陶酔モードにも入れるのが面白いです!!

Soldanoがこちら。

スクリーンショット 2011-10-04 0.19.51

ねー!!もう見た目が可愛いでしょー!やられるんだよww

ベース用もあります!!ベース用もレンジが広くてちゃんとベースの大事な
帯域がブーストされてすんばらしー音に!!
自分はそれ+でSANSAMPを通しておくことでより一層しっかりとした音像を
作れてとても面白いです!音も決まらないことがおおいですが…。

スクリーンショット 2011-10-04 0.19.15

 

その他無料エフェクターをこういう並べて音作りできます。

スクリーンショット 2011-10-04 0.22.43

 

ラックなんかも組めます!(これは有料がおおいです)
自分はディレイを買い足しました。

スクリーンショット 2011-10-04 0.20.43

 

んで大体の値段というと1アンプ20ユーロくらい。
2000円超くらいで買えちゃうので毎月ちょっとずつ買い揃えたりしちゃいます!
エフェクターで5ユーロから10ユーロ、キャビネット、マイクが5ユーロ程度。
そして、キャンペーンでたまに安くなっていることもあったりして
ツイッターでお得情報のアンテナを立てておくともうバッチリですよ!!
支払いは海外使用OKのカード、もしくはPayPalの代行払いでいけます!

Win版でもおそらくもうちょっとイイA/Fならレイテンシーも詰められると思いますんで
興味を持った方はぜひ使ってみてはどうでしょうー!?
(試用にはIKMultimediaアカウントが必要ですけどよゆーですよ!)

IKMultimedia Official Site

詳しい音についてはYoutubeにいっぱい動画があがっていて、
使ってみた感じ大体ちゃんとしたレビューだと思いますので、
聞いてみるといいですよ!!
■SOLO-100

[yframe url=’http://www.youtube.com/watch?v=eF2VsbFTj_o&feature=player_embedded’]
■ORANGE Rockerverb50

[yframe url=’http://www.youtube.com/watch?v=yXGzk3kJuZE&feature=player_embedded’]

YoutubeでAmplitube3で検索するとわんさかでますよ!
興味のある方は調べてみてください!

おススメアイテム

カレンダー

2011年11月
« 9月   12月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

アーカイブ