近年のMacといえば、Windowsも走る!っていうのが決め手となって
購入される方も多いと思います。

かという私も、2008年頃に音楽とゲームができたらな、
とWinノートPCを買い、その後とても後悔したモノです。しかし、
そのノートPCをドナドナし、とうとうMacを手に入れました!

そして、カスタマイズの中、Windowsも走らせよう、
との事でbootcampを使用してWindowsXPとMacOSXの
デュアルブート環境を構築しました。

でも使い始めると何かがおかしい。普段MacOSを走らせている時は
ほとんど感じない、本体の温度をWindowsを走らせていると凄く感じるのです。

よくよく調べてみると、MacOSではOSレベルでファンをコントロールし
て本体の熱を排出して安定させているのですが、Windowsを走らせると、
ファンのコントロールが効かず、rpmが2000で固定されてしまうという現象
がおこっているようです。

ファンのコントロールが効かず、そのまま使用すれば、
少しCPUやGPUに負荷のかかる作業(ゲームや動画のエンコードなど)
をさせるだけで本体の熱が凄い事になって、PCが勝手に落ちてしまう
という状態に陥る危険性が高いという事になります。

そのファンをコントロールするにはどうしたらいいか、って事ですが、
WindowsのフリーソフトLubbo’s MacBook Pro Fan Controlを使用する事で
ファンのをソフトウェアで制御して安定させるというモノ。

イメージ1

起動すると下部のCurrent Temperaturesがみるみる下がっていくのがわかります。

上部のConfigurationでMacBookと書かれているモノを選択しました。

MacBook(2010mid)の分解記事(Apple Voiceさん) によると、1つのFANで
GPUはヒートシンクにより解熱するような感じで書かれていますので、
これで間違いないでしょう。

Fan Controlsで以上にように設定すると、大体アイドル時で2000rpmまでで
安定し、本体の熱もだいぶ取れて心配も減りました。
ただ、Current TemperaturesのGPUが×印となっていて90℃と非常に高い状態と
なっていてそれが心配となりましたので、GPUを細かくモニタリングする
フリーソフトGPU-Z にてGPUの状態をみてみました。

イメージ2

おお!CUDA対応!さすがGeForce!ってな気持ちになった詳細表示です。

イメージ3

Sensorsタブに切り替えた所、GPUの温度も50℃中盤で安定しているようです。
これで安心してパンヤ!ができます!(最近あまりやってないけど)

 

まだまだ、MacとWinの溝、ハードルたくさんあります。
でもそれと出会って対処するのも面白いこの頃です。

320Mなんでそんなに期待はしてませんが、CUDAエンコードも
少しやってみたいな、と思います。

おススメアイテム

カレンダー

2011年6月
« 5月   7月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

アーカイブ