DocomoのSC-05D、Galaxy Note(初代)が初期費用無しで1年間3円運用できるという事が10月下旬から話題になっておりました。


    Softbank版iPhone5が12月からテザリング開放するとの事と、iOSを使い慣れているけれどAndroidも幾分か気になると前々から思っていたので、それを受け、冷やかし程度にヤマダ電機を覗いたら在庫があるとの事で、ついついゲットしてしまいました。



    左がGalaxy Noteです。左がiPhone5です。画面は5.3インチとiPhoneとはまた違った良さがありました。



    主に動画用途で使用しようと思っていますので、この大画面は本当にありがたいです。
    microSDカードで管理できるので、容量もiPhoneより気になりません。


    ブラウジングや操作感などは、iPhone5とは比較にならない程モッサリしており、純正FWでの運用は本当にストレスとなりそうでしたので、iPhoneのJBのような形でゴニョると、本当になぜこの操作感で発売しないのかと罵倒したくなるほどヌルヌル動くようになりました。


    モバイルデータ通信はOFF、もとい未契約なので、家庭ではWi-Fi運用、外ではWi-Fiスポットやテザリングでの使用と考えております。ヌルヌルしてからは家庭ではもっぱらコイツを使用するようになりました。


     


    ケースですが、iPhoneより遥かに出回っている数が少なく、日本橋などのショップに出向いてみましたが、どれもイマイチでしたので結局Amazonで買うことにしました。


    購入したものはZENUS Galaxy Note SC-05Dケース Capsule Stand Slide スタンド付。





    Amazonのコメント欄はまさかの★1つ。装着すると再起動し続ける不具合について書かれていました。まさかハズレ引いただけでしょ?と思い値段の安さもあいまって軽い気持ちで購入。そうしたら自分のもずーっと再起動再起動…になってしまいました。


    よくよく見てみると、電源ボタンの上に覆いかぶさるゴム部分が厚く、ずっとボタンを圧迫していることがわかりましたので、ゴム部分を細かい作業ですが、カッターナイフで内側をくりぬいて装着したら問題なく使用できるようになりました。ゴムは電源ボタン、ボリュームボタンが各3つずつついていましたので、幾分かの失敗は大丈夫!って思い切ることが大事です。なんせ800円台の代物ですから!!DIY精神の勝利といえるでしょう。 



    簡単にスタンドになる優れもの。



    画面が大きい!そしてスタンドは便利!!


    ただ、少し重たくなってしまうのが難点でしょう。


     


    そういうわけで、ごにょごにょで本当に使いやすくなるGalaxy Note初代、これは面白い!iOSとAndroidの二刀流でこれからのモバイルライフ、楽しんでいこうと思います!