iPadキーボードの旅、ここに完結。


iPad Pro 10.5を購入してから、全能感に囚われて、ブログもOrigamiに装着したApple Wireless Keyboardを持ち歩いていたんです。

この前、急に新幹線に乗って遠出しないといけない時があって、荷物も増えがちで、Macbook Proは持ち運びたくないのでこの際、軽くてiPad Proと一体化できるキーボードでも買うか!って思って泣きながらこのSmart Keyboard for iPad Proを購入しました。

泣きながら?

このキーボードまぁまぁのお値段で、キーボードとしては高すぎるだろ…って思っていたんですが、調べてみるとこれ以上薄くて軽いもの、そして一体感のあるもの存在しないようなので、おサイフへの打撃を考えると泣きながらという感じになったわけです。

JISキーボードにしたよ!


自分はJISキーボードに慣れていて、PCもMacもズーッとJISなので迷わずJISキーボードを選びました。


箱の写真はUS規格のものですが箱にシールでJISである事が書かれていますね。それにしても箱もカッコいいなぁ…。吐息が漏れます。


開けてみるとSmart Coverより少し重いかなーというような風呂蓋が登場しました。


本体と接続するSmart Connectorが付いていますので、キーボード自体に電源は要りません。これが最大のアドバンテージですよね。充電池や乾電池が要るとなれば、それだけ重くなりますし、分厚くなってしまいます。

本体から給電しますが、そこまで電力は取られません。これはとても気に入っています。


こんな薄いのにキーボードってどうなってるのって思って見て見たらなかなか特殊な折り込み方になっていました。


iPad Pro 10.5を装着してみた所です。浅い角度は変えられませんが、本体とキーボードの接地面に物が挟めるので急な角度はつけることができます。


お手拭きタオルを挟んだので少し見栄えが悪いですが、これで角度を付けることができますよ。


キーボードに接写してみました。かなり薄いです。生地はナイロンなのでさらさらしています。少しくらいの水分なら弾けそうです。

キーボードは普通のキーボードより小さめなので、キーピッチなどは少し慣れないといけませんが、使って要るうちにすぐ慣れることができました。結構イイカンジにキーを叩けておりますよヽ(*´∀`)ノ

キーボードをたたんでみた所です。真っ平らにはなりません。キーボード分厚みが出てしまいます。とはいえこの薄さです。すごい!

iPad Smart Coverと並べてみました。

圧巻の769g!!

そして気になるのはその重量です。


キーボード単体で244gです。


iPad Pro 10.5に装着すると770gを切りました!めちゃ軽い!


Smart Coverと比べるとわずか150g差です。150gの差でキーボートと画面保護ができるのは結構スゴイです!!

キーボードで拡がる可能性

さて、キーボードで何がしたかったかというと、結構あったんですよね。

  • WordPressの更新
  • 簡単な文章作成
  • Webサイト制作
  • プログラミング

こんな事が実はiPadだけでできちゃうんですよね。それをもっと身近にもっと手軽にできちゃうのが、このSmart Keyboardがあるから!っていうような記事はまた別の記事で述べたいと思います。

SmartKeyboardは高すぎる…という方は持ち運びができるキーボードなら同じようにやりたいことは実現できるかもしれませんので、興味のある方は下のリンクからどうぞ!

そのほかのiPad Pro10.5の記事はこちら

おススメアイテム

カレンダー

2017年12月
« 9月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

アーカイブ